furukatsuの軍事 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-10-11

[]軍隊の余裕と、軍隊文民統制 軍隊の余裕と、軍隊の文民統制 - furukatsuの軍事 を含むブックマーク はてなブックマーク - 軍隊の余裕と、軍隊の文民統制 - furukatsuの軍事 軍隊の余裕と、軍隊の文民統制 - furukatsuの軍事 のブックマークコメント

はじめに

笠井潔『国家民営化論』一億総ゲリラ戦理論の大穴というid:JSF氏の記事について、本稿では日本は島国なので海上封鎖されたらお手上げ」という結論に関して大筋ではその通りであると考えるが、しかしながらその一面的な論述に二つの観点から問題を提起する。

確かに、日本は島国であり、海上封鎖によって容易に干上がってしまうという危険性を有している。しかしながら、その事実笠井潔の提起する考えを否定するものの、市民軍やゲリラ戦思想そのものを否定するという意味ではない。そのような観点からJSF氏の議論について再検討をする。

軍隊の厚みの問題

さて、プロフェッショナル・アーミーとマス・アーミーにはそれぞれ有利な点、不利な点がある。プロフェッショナル・アーミーは概ねマス・アーミーよりも練度が高く、戦闘効率が高い。またより高性能な装備を保有、運用することが可能である。マス・アーミーは概ねプロフェッショナル・アーミーより練度が低く、装備も低劣で運用稚拙である。

しかしながら、マス・アーミーはプロフェッショナル・アーミーに無い利点をいくつか備えている。まず、第一に言えることは数が多いことである。質的には劣勢であるものの、数的に優越する可能性がマス・アーミーの方が高い。第二にはプロフェッショナル・アーミーが本質的に傭兵であり命よりも金を優越させる可能性がある、端的に言えば士気の点で難がある場合も見受けられるのに対して、マス・アーミーは自らの共同体を自らで守るという性質上、概ね士気が高くなる傾向にあるという点である。但し、士気は水物の側面があり、訓練を積んだ兵士の方が恐慌に陥りにくいということも考慮すれば、これに関しては必ずしも言えない場合がある。しかしながら、歴史を顧みれば士気や信頼という意味で言えば共同体の戦士によるマス・アーミーの方がその点では優越してきたと言えるだろう。

さて、ここで軍隊の厚みについて二つの観点から問題が提起されたわけだが、後者の士気の問題については自衛隊職業軍でありながら、しかし自衛官の多くが善良な市民であるがゆえに、共同体の戦士としての地位にあるものと考えるのでこれは横に置く。そうなると問題は数的な問題になるのだが、この数的な問題は単純にぶつける戦力の数の問題以上に、軍隊の厚み、そして余裕という軍隊の根幹に関わる問題へと大きく関わってくることを考えよう。

さて、軍隊の戦闘力は有限であり戦闘やそれ以外の行動によって損耗する。そして、そうであるがゆえに指揮官は兵力をやりくりして様々な行動を主宰するわけである。これについて、ナポレオン軍隊の大きな問題として集中と分散を考え、そして現代の指揮官も予備と遊兵の合間で悩んでいる。

つまり、戦闘力は攻撃を受けないように分散しなければならないし、攻撃をするために集中しなければならない、同時に決定的な点*1に投入するべく予備を確保し、同時に戦闘力を経済的に使用するために遊兵化を避けなければならない。さらに、損耗してもシステムを維持するためにシステムを多重化し、余裕を設けなければならない。

クラウゼヴィッツ戦争には摩擦があるということを論じた。時に情報は錯綜し、指揮官は五里霧中になり、部下は独断専行し、命令は上手く届かず、将兵は混乱する。このような摩擦が発生するなかで、これを押える潤滑油とは何か。それは高度な情報システムではない。高度な情報システム機械的公差の縮小であって潤滑油ではない。この軍隊というシステム潤滑油は人的、物的、精神的余裕である。機械的公差が縮小しシステムが繊細になればなるほど潤滑油重要性は増していくことも考えなければならないだろう。

つまり、戦争という特殊な状況下で行動しなければならない軍隊には絶対的に余裕が必要である。経済的で効率的な軍隊は大いに結構である。また現代の先進国の間では金銭的、人的コストの高騰によって効率的にせざるを得ない部分もあるだろう。しかしながら、それでも過度のコスト削減、効率化というのは軍隊にとってその余裕を奪う諸刃の剣でもある。そして、プロフェッショナル化を目指す軍隊はこの罠に陥りやすい。

教師はどうやって育っていくか(命を絶った新任女性教諭のニュースを読んで)というエントリでも触れられていたが、昨今の学校教育を取り巻く問題の一部にも仕事量の増加と人員の削減による必要に迫られた高効率化、そしてそれによる「余裕」の喪失という問題が見え隠れする。今の社会においては民営化規制緩和のかけ声によって多くの場所で効率化が求められているというのもあるだろう。しかし、本稿での議論の通り、その結果はシステムの余裕がなくなり、ちょっとしたことでシステムが機能停止してしまうという事態が多発している。

軍隊は特殊なシステムであり、自己完結性が求められ、そして戦争という異常事態の下でシステムを維持し運営しなければならない。内部の人間が死傷し装備品が意図的に破壊されることが当然のシステムにおいて余裕がないということは、破滅を意味する。現代のプロフェッショナル・アーミー化は効率的で強くなったように見える反面、そのような脆弱性を孕んでしまっているように私は思えてならない。こと軍事に関しては抗堪性というものを重視しなければならないだろう。

主体的文民統制の問題

第二の問題として考えられるのが主体的文民統制としての問題である。一般にマス・アーミーは主体的文民統制にとって有利である。ハンチントンに言わせると文民統制文民軍隊への影響力を最小化し軍隊プロフェッショナル化させ政治への影響力を排す客体的文民統制文民軍隊への影響力を最大化し積極的に従わせる主体的文民統制という二つの文民統制がある。ハンチントンドイツ参謀本部を意識し、客体的文民統制を優位に置いたが、第一次世界大戦を見れば分かるように、客観的文民統制軍隊理屈*2による暴走という事態を惹き起こしかねない。

さて、ハンチントンの議論は横に置いて主体的文民統制の観点からマス・アーミーを評価すれば市民軍隊であるということは、それ自身によって文民(=市民)の意志からは外れにくくなるということが容易に想像される*3

軍隊の意義というものは、本質的には主権の担保である。また、国家というものはウェーバーの言う通り合法的に暴力の独占を求める集団である。そして、その主権、暴力の源泉は国民一人一人に根ざしており、であればこそ、本質的に民主主義軍隊市民軍であることが要求され、プロフェッショナル・アーミーというものは、それの経済社会的な特殊事情に基づく代替手段に過ぎないはずである。

もちろん、現代の自衛隊市民から遊離しているとは私も思わない。多くの自衛官北朝鮮の問題よりも人事院勧告の方を重要視しているし、自分の家族や地域、仲間を愛し、酒を好み、バカな話ばかりしている。しかし、プロフェッショナル化の名の下にギリギリと締めつけることはこういう自衛隊普通さを失わせないかと心配でもある。

おわりに

確かに、今の日本徴兵制を敷くことは経済的、社会的事情が許さないだろう。また、予算厳しい折でもあり、自衛隊も野放図に定員を増やすことも出来ないだろう。しかしながら、それでもプロフェッショナル化の弊害について考えることは必要であろうし、また古代より続く市民軍の理想は民主主義国家としての根幹を為すものであり、これについては無視をしてはならないと私は考える。

そして、JSF氏も指摘した通り、ゲリラ戦市民に大きな損害を発生させるものの、本質的に自らの意志で防衛をし応戦すると決断した市民社会はその多少はあれど損害を覚悟せざるをえなく、その点で多くの人に当事者意識を有してほしいと切に願うところではある。

最後になるが、ゲリラ戦そのものの例えば毛沢東の作戦理論等は現代のRMAの観点から見れば様々な可能性を有しているであろうことを指摘したい。これについては、現在論文執筆しているのでそのうち公開したいと思う。

*1:時間的、空間的、両方の意味での点

*2:究極的にはルーデンドルフのような戦争のために戦争をやる理屈

*3ドイツは「建前上」そういった理由で徴兵制をやっている

namelessnameless2007/10/12 01:37ふつープロフェッショナルアーミーは自国民で構成されてて,で自分の共同体の為に戦うってものじゃなかろーかと思う私は間違ってますか?

無名無名2007/10/12 09:52小生が以前貴下と話をしたときに、スティンガーとラムと軽トラで編成された「消防団」でも作ったほうが良いと言ったことがあります。
消防団は典型的な土着組織なので土地鑑があり、一応地域に愛着もあります。
ただ、武器を娑婆に放出する危険性を孕み、個人的に賛成できませんが。

2007-02-03

[]「殴る」ことと「言うことを聞かせる」ことの間 「殴る」ことと「言うことを聞かせる」ことの間 - furukatsuの軍事 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「殴る」ことと「言うことを聞かせる」ことの間 - furukatsuの軍事 「殴る」ことと「言うことを聞かせる」ことの間 - furukatsuの軍事 のブックマークコメント

クラウゼヴィッツ戦争論によれば戦争は一種の強力行為であり、その旨とするところは相手に我が方の意志を強要するにある*1と書かれている。この考えの基本的なところは戦争論において徹頭徹尾貫かれているし、また以降の軍事学についても、相手に何かしらの意図を強要するために暴力を用いるのが戦争であるという定義は必要条件として採用されてきた。

私もこの考えに賛同する。戦争というのは殴って言うことを聞かせる行為に他ならない。

しかしながら、この「殴る」と「言うことを聞かせる」の間には大きな溝が横たわっている。まず第一に本当に人は殴られれば言うことを聞くのだろうか。換言すれば暴力により行為を強要しうるのであろうかという問題である。第二には戦争は本当に殴り飛ばせるのであろうか。換言すれば戦争は即ち暴力なのであろうかという問題である。

第一の問題については例外が存在するであろう。殴られ、銃を突きつけられ命を失う危険性を目の前にしても、ある種類の命令に人は反抗する。たとえば、自分の家族を殺せという命令であったり、ある種類の情報を提供しろという強要であったり、こういったものに対して正真正銘に命をかけて反抗するという例は枚挙に暇が無い。しかしながら、確実に強要しうる物も存在する。それは、ある場所に立ち入るなという強要であったり、ある行為をするなという強要であったり、極端なところでは存在するな*2という強要は暴力によって確実に可能である。これらをまとめると、「~を行え」という命令は暴力により必ずしも強要しえないが「~をするな」という命令は最悪殺害によって強要しうると言える。

むしろ「~を行え」という命令は暴力よりも、アイヒマン実験にあるような社会心理学的な手法を用いた方が確実に実行可能であると言える。実際にその暴力を執行する軍隊において殺人という心理的なハードルの高い行為をさせる為に、数々の心理的ハードルを乗り越える為の社会心理学的な手法を用いている*3。実体としての暴力を握っているのは最下級の兵士であるにもかかわらず、実際には兵士が将校の命令*4に従っており、軍隊軍隊自らその暴力限界性を示していると言える。

第二の問題については、現在イラク戦争が分かりやすいが、つまる所軍隊は占領下の市民を完全に掌握することは不可能であるという事である。十分な兵力を投入したとしても、相手の一挙手一投足まで掌握し管理することは不可能である。だからこそ占領政策では物流政治経済のキーポイントを抑える事により人民を管理するのである*5

もちろんこれらは、戦争暴力であり、暴力を用いて人に何かを強要する行為であるという定義を否定するものではない。しかしながら、戦争が万事を解決する処方せんではなく、暴力と強要の間には大きな溝が横たわっているというのも事実なのである。

*1クラウゼヴィッツ著、篠田英雄訳「戦争論(上)」岩波文庫、29頁

*2:要するに「死ね」ということ。

*3:デーヴ・グロスマン著、安原和見訳「戦争における「人殺し」の心理学ちくま学芸文庫 を参照せよ。

*4:しかも、時に自己や他人の命がかかった命令である。

*5:ゴルツがそんなことを言っていたような記憶が…

無名無名2007/02/04 18:28だからこそ、米軍基地の看板にはやたらと、「don't」が多いのでしょう。

無名無名2007/02/04 18:34軍隊で、上意下達を貫徹するために必要な手段は、抗命に対する制裁以上に、命令に服することが自己の生命を守ることになると思い込ませることでしょう。
その考えの行き着いた先が、近代初期に行われていた、前装銃による集団的、組織的一斉射撃と軽騎兵による突撃でしょう。
冷静に考えれば、どちらも自殺に近いですが。

無名無名2007/02/18 12:43最近誰も書き込まないので少し書き込みますが、「刀狩」が行われた国と小火器が出回っている国とでは占領政策を大きく変えなければいけないでしょう。
ちなみに日本において、人民に対し徹底した武装解除を強いたのは秀吉でも徳川でも無く、戦後の日本政府とGHQです。(今日の銃刀法です。)

2007-01-11

[]徴兵制とドクトリンと環境 徴兵制とドクトリンと環境 - furukatsuの軍事 を含むブックマーク はてなブックマーク - 徴兵制とドクトリンと環境 - furukatsuの軍事 徴兵制とドクトリンと環境 - furukatsuの軍事 のブックマークコメント

有名な週間オブイェクト徴兵制についての理解はここまで広まりましたエントリに見られるように、いわゆる世の中の軍事マニア、軍事オタクと言われる人々は徴兵制について否定的な見解を持つ。そして、彼らはその主たる理由として、現に西側諸国では兵力削減、少数精鋭化を進めており、かつハイテク兵器を活用する現代戦においては、徴兵制によるマス・アーミーは適合的ではなく、練度の高いプロフェッショナル・アーミーが望ましいと言うのである。

確かに、多くの西側諸国は兵力削減をしているし、また、軽くて強くて速い戦力―空中機動化やC4ISR化された戦力―を速やかに投入して、敵の後方域、指揮所等の弱点を打撃し速やかに勝利を得るという方式は正しいように思える。しかし、それでは勝てない戦争というのも存在する。

このような敵の弱点への打撃を中心とする理論リデル・ハートに大きな源流を持つ。リデル・ハート第一次世界大戦における凄惨な消耗戦の原因をナポレオン以降の近代作戦理論クラウゼヴィッツ理論化した理論に求めた*1。決戦による敵戦闘力の撃滅を基調とした作戦が近代工業力に支えられた場合、大消耗戦に陥ったということを批判したのである。ここで、リデル・ハートは間接アプローチ戦略という概念を提唱し、敵の弱点に対する打撃を推奨したのであるが、しかしこの考えも決戦・大量集中戦略と同様に、ある特定の場合にのみ適合する概念ではないのだろうか?

ナポレオン以降の軍人ナポレオンの真髄を敵主力との決戦、仮借なき追撃に現れる決戦・大量集中戦略と解釈し、これこそ勝利の方程式であると誤解した。しかし、ナポレオンロシアスペインで敗北したのであり、つまりこの決戦・大量集中戦略というのは19世紀初頭のヨーロッパ中部で適合的だったにすぎないと考えられはしないだろうか。

間接アプローチ戦略も同様である。また、現代の軽くて強くて速い軍による戦争もそうである。現代の軽くて強くて速い軍による戦争のドクトリンというのは、元来核抑止下における限定戦争を意識したものであり、対ゲリラ戦や全面戦争のドクトリンではない。だからこそ、アメリカイラクで大出血を見ているのではないだろうか。

そう見れば、この週間オブイェクトJSF氏の議論というのは一面的に過ぎるように私は考えられるのである。

*1:しかしながら、本来批判されるべきはクラウゼヴィッツそのものよりも、彼を誤読した後継者であろう。

無名無名2007/01/13 11:24徴兵制の問題は、教育と不可分と思われます。
義務教育の代替としての徴兵制もありますし大学、大学院に奨学金を出し中流階層以下の高学歴者の多くがが経済的理由により、実質上、徴兵類似のシステムに組み込まれる例もあります。
しかし、どちらの方法でも共通しているのは、必要な人員を一気に動員でき、限定的な作戦も、総力戦も行える、ある意味自由度の高いシステムといえます。

無名無名2007/01/13 11:32イラクにおけるアメリカの誤謬は、宗教や歴史に対するものを除けば(もっとも、そこの部分を誤っている以上、始めから成功は望めないでしょう。)人命のインフレに気が付かなかったことでしょう。
今日の先進国においては、公傷による障害者や労災遺族に対しては極めて高額の年金、弔慰金が求められます。(その点日本はいくらでも戦死者を出せるような気もします。)
また、多額の奨学金により拘束している専門家を失うことは、更なる教育費の増大を招き軍事費として計上されない出費を強いられます。

無名無名2007/01/13 12:33最近の西側諸国の考え方は、社会が軍事費に耐えられなくなっているので、軽量化しようという、マイナスの考え方と思います。
しかし、現実として、軍事費を抑制しながら、ある程度の戦闘力を維持するとなると、軍そのものを軽量化するしか道はないでしょう。
貴殿の言うように、軽量化された軍には打撃力はあっても、継戦能力は乏しくなる(大日本帝国海軍やドイツ陸軍のような軍でしょう。)ため、普通の神経の持ち主が有権者、政治家となれば極端に戦争を忌避するはずです。(現実は異なるようですが。)

なしななしな2007/01/13 16:04徴兵制って言うと打撃力だの継戦能力だのを考慮したくなるので訳がわからなくなるかもしれないが、徴兵制否定の根は軍事以外の全業種にも通じる以下の単純な話につきる。
「素人は役に立たない」
小難しく言えば「未経験者による作業は効率が悪い」ということ。

イラクの話で言うと、テロリスト相手の非対称戦争には非対称戦のプロが必要なのだが、徴兵制を敷いたらそのプロを育成する手助けになるか?ならない。
プロの育成にはそういう訓練課程の新設が必要なのであって、徴兵とは無関係。

前提となる解決すべき問題の設定が違うんじゃないのと思われる。

無名無名2007/01/14 12:42自衛隊や軍にいた人間ならすぐにわかることですが、実を言うと内地における業務の多くは民間とは比較にならないほどの単純かつ、簡単なものです。
毎日行われる警衛を例にすると、特殊な技能が必要なのは、交代と起床、国歌、就寝などに吹かれるラッパ手ぐらいです。
これらの人間を、安価な人間で済ませることができれば良いと考えることは、ある意味マトモといえるかもしれません。
実際、国内の米軍基地の多くは、憲兵隊による警備ではなく、基地内か米国において最低限の訓練を受けた日本人ガードマンが行っています。
これらの、日本人の人件費は日本政府の支出であり、米軍はその分の人員を前線に振り向けることができると言えます。

無名無名2007/01/14 12:53当然、在日米軍は特殊な例ですが、さしたる、技能を必要としない兵士、下士官、将校などに人件費を払うことと、徴兵により、短期間強制ボランティアをさせることと、可能な限り民間に委託することを比べると、どれが一番、安価かというと、恐らく、ボランティアでしょう。(一年兵役のように比較的高い階級と引き換えに、すべてを自弁させれば、なお、安価となります。)
しかし、本人が望まない、強制ボランティアが人権上どうかという点や、徴兵をされている間の購買力低下による経済的損失などを考慮すると、どうなるか等は解りません。
個人的には、徴兵制には反対ですが。

furukatsufurukatsu2007/01/17 18:38>>無名さん
その通りだと思います。徴兵制度は純軍事的な理由で否定されているのではなく、経済、社会的な事情、つまり無名さんのおっしゃられる通り「人命のインフレ」の為にあると言えると思います。

>>なしなさん
さて、民間企業はなぜ役に立たない素人をさけるのでしょうか?
つまり、それは生産性が悪いゆえに給与に比して生産性が上げられないからです。また、現代の民間企業は素人に毛が生えた程度のアルバイトを大量に雇用しています。それほど熟練をようさない仕事についてはアウトソースなりなんなりをするというのは民間では当たり前でしょう。
あと、非正規戦は数ですよ(笑) 特殊部隊でゲリラ退治をするのは、無茶です。

>>fuku33さん
こちらこそ、非常に参考になる話しでした。
R&Dはコンセプチュアライズ、言語化といった考えは非常に興味深かったです。あと、中小企業における作為の契機についても。

通りすがり通りすがり2007/01/18 07:55そもそも日本は攻めてくるのは返り討ち、って考えだからこそ徴兵イラネ、なんですけどねぇ。そのため大事なのは海と空であってこれは完全な技術職だから徴兵なんぞでは毛筋も賄えない。

furukatsufurukatsu2007/01/19 01:04>>通りすがりさん
海と空で阻止できたら誰も苦労しませんね。
スタンドオフ攻撃やゲリコマでの空港、港湾の破壊とか、考えられません?

その考えが正しいならヨム・キップルでイスラエルはパーレブ・ラインを守りきったでしょうねー。

通りすがり2通りすがり22007/01/19 03:03よく混同する人がいますけど、国内(周辺)で外敵と戦うのと、国外に派兵するのでは全然話が違います。どちらを想定しているのか明記して議論した方がいいかと。
外国に出すのであれば訓練をつんだ職業軍人じゃないと無理です。
日本が海外に自衛隊を出すようになっても徴兵制が復活するということはありませんね。出すといっても多くて数千人ですし。
国防という面では徴兵制は考える価値はあります。
社会的・経済的コストとメリットを考えたら防衛予算増やす方がいいと思いますけどね。

>>furukastuさん
頭数が必要といっても普通のゲリラなら最大数万人というレベルでしかありません。
ヒズボラみたいな準国家クラスの規模と装備の組織を相手にするのであれば話は別ですが、とりあえず該当しそうなのは北朝鮮ぐらいしかいません。
北朝鮮にしても主目的はあくまで韓国であり、日本に大量の人材・物資を投入することは考えにくいでしょう。

私の考えでは、徴兵制をしいてまで人手を集めることは必要ないかと。
現状であれば予備役制度の充実で十分足りるのではないでしょうか。
特に民間の企業や国民の理解なんですけど、難しいですね。

furukatsufurukatsu2007/01/20 03:57>>通りすがり2さん
一般論として、個別具体的な状況を普遍とするのは、どうかな、って話だけですよー そして、現在の社会的・経済的な文脈を考えれば、おっしゃるとおり、予算の拡充ですみますし、現在の日本で徴兵は割に合わないでしょう。

無名無名2007/01/20 17:33先にも記しましたが、個人的には徴兵制には反対です。
また、小生が専門としている、戦前期日本においても、昭和十年代までは、くじ引きによる徴兵が行われており、国民皆兵とはかけ離れたものでした。(当選確率は、様々な説がありますが、ある程度、志願兵もいるため、小生が調べた多摩地域では三十分の一前後だった時期が長いです。)

無名無名2007/01/20 17:46少し話がズレますが、戦前期日本の地域内における重要な集団として、在郷軍人会と青年団(会)があります。
在郷軍人会は、名前の通り、徴兵なり志願なり(軍属も含む場合があります。)で軍隊に在籍していた予備役、後備役の人間が入会している組織です。(ただし、かなりの例外も見られ、地元の名士で、ある程度の学歴を保有している人間が、軍隊経験がないのにもかかわらず、村や郡の分会長をしている例があります。)
青年団は小学校卒業後から、徴兵検査までの間を埋めるための組織とされ、(発足の当初は、概ね、文学や武道の同好会、小学校の同窓会です。また、現実として、三十歳過ぎのメンバーがいる場合もあり複雑です。)徴兵検査の際の体格検査の成績、性病の撲滅、入営後の筆記試験の成績向上を目的としていました。(陸軍と内務省、文部省の考えでは。)

無名無名2007/01/20 17:58本来、同好会の類(驚くべきことに、在郷軍人会ですら、一種の武道サークル、文学サークルでした。)である、青年団(会)や在郷軍人会を国家に取り込む切っ掛けとなったのは、日露戦争時に自然発生した、草鞋の献納運動です。
また、関東大震災時には、関東周辺の青年会、在郷軍人会が人手と食料を持ち寄り救護活動をおこなっています。
これらの経緯から、二次大戦中には、警防団に改組され、今日で言う消防団活動が本来任務となりました。
歴史的に、鑑みると、少なくとも日本では、よほどに戦争が激化した時期を除き、極一部の志願兵、籤運の悪い人以外は、緊急時の徴兵ソース、平時、戦時の支援要員と考えられていました。

無名無名2007/01/20 18:06逆にいえば、通常、軍隊における兵員より、それを支える人間たちのほうが人手を要するということが、戦前においても、薄らぼんやりとは理解されていたようです。
まして、今日の機械化、装甲化された軍隊、人権の強い娑婆では、金銭で、行うかボランティアとなるかは別として、戦時、災害時における、人手は(単純な作業員も、ある程度の技術者も)より必要とされると思います。